この度は、日本人会文化部のGuam Council of Women’s Club(GCWC)における活動について報告いたします。GCWCとはグアムの数々の非営利団体であるウーマンズクラブから構成された協議会であり、日本人会も文化部を通じてこの協議会に参加しております。皆さんご存知のリレーフォーライフのイベントにも日本人会はGCWCの傘下団体として参加しております。

 2月3日にはGCWCのプロジェクトの1つであるProject Sotteraに参加し日本人会からの100ドル分720パッケージのサニタリーナプキンをAgueda Johnston Middle Schoolに寄附して参りました。私も含め日本人の皆さんには何故サニタリーナプキンなどを寄附するのだろうと不思議に思われる方も沢山いらっしゃると思います。しかし、私も初めて知りましたが、グアムには、私達があたり前のように購入し使用しているサニタリーナプキンを家庭の諸事情により購入できず困っている女子中学生が少なからず存在するということです。日本人会は時にはそのような子供達の手助けになるような活動をGCWCを通じて行っております。
 
 
 

 3月4日には、日本人会理事のテノリオ聡子さん、中山啓子さん、そして日本人会の様々な活動に常にご協力下さっている天畠実沙子さんと私の四人でGCWCの行事で、知事邸で毎年行われますWomen’s History Month & Governor’s Proclamation Luncheon に参加してまいりました。そこでは、各非営利女性団体の方々とそれぞれのプロジェクトについて話したり、情報交換などをしてまいりました。日本人会文化部の地域社会での活動が少しでも日本人会の皆様にご理解いただけましたら幸いでございます。

文化部:プール 祐規子