golf
 5月31日(日)、第37回日本人会チャリティゴルフ大会が開催されました。

 例年は9月に1度だけ開催のチャリティーコンペですが、今回は初めての試みで5月も開催いたしました。どれだけの方が参加してくださるか、不安な状態でエントリーを待ち続けたところ、予測に反して、15組59名様ものご参加と、数多くの賞品、及び寄付金をご提供いただきました。そしていよいよ当日、高木日本人会会長と福澤日本人学校校長先生より、チャリティーへご参集いただいた皆さまとご寄付への感謝の挨拶で大会開始。7時半、イーストコースより7組、ウエストコースからは8組がスタートしましたが、他のコンペと重なってしまったこともあり、特に、後半のグループの皆さまには、長い時間お待ちいただくこととなってしまいました点、お詫び申し上げます。スタート後は、風が強く感じられる事もありましたが、大きなスコールもなく、さほど滞ることもなく、18ホールのプレーを終了。その後、懇親会場にて、スコア集計までしばしビッフェスタイルの食事でご歓談いただきました。表彰式の前には、清水総領事様から、日本人学校の財政についての具体的な現状のお話と、それらを踏まえ、グアム在住の私たち全員でグアム日本人学校、補習校を引き続き強力にサポートして行きましょう、という力強いお言葉をいただきました。表彰式では、皆さまからのご寄付により、大変素晴らしい賞品をお出しすることができ、大会は終了いたしました。今回は9月とは違うエントリー方法で、会社、サークル、ご友人、ご家族など、4名グループでのお申込み形式で募ったところ、ローカルの方のご参加も増えたようです。いつも一緒にプレーされているお仲間同士で、力を合わせて他グループと競いあうルールに、一味違うゴルフを楽しんでいただけたようでした。しかし、改善して行くべき課題点もいくつか残りました。参加者へお水を準備する、待ち時間を短縮できる方法を取り入れるなど、皆さまの貴重なご意見を参考にさせていただき『参加してよかった!また参加しよう!』と思っていただける大会となるために今後も工夫してまいります。

 最後になりましたが、ご多用のところ、大会主旨にご賛同いただき、ご参加いただいた皆さま、ご寄付をいただいた皆さま、そして大会運営にご協力を頂いた皆さまに改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。また、トーナメント運営においては、スターツ・グアム・ゴルフクラブ様の全面的なご協力とサポートに重ねてお礼申し上げます。

ゴルフの結果

*ダブルペリア方式で各チーム上位3名の平均ネットスコアで競っていただきました。

・団体優勝:AVR71.33九十九-Aチーム
 (藤井 正樹さん、久保 裕文さん、伊藤 慎太郎さん、野口 雄充さん)
・男子ベストネットスコア GROSS88/HC18.0/NET70.0 金勝 泰輔さん 
・女子ベストネットスコア GROSS86/HC13.2/NET72.8  佐竹 恵美梨さん
・当日賞(ネットスコアで31位:JAL日本往復半額航空券2名様分) 大礒 明雄さん

大会収益金および寄付金合計

 $3658.00

 当収益は全てグアム日本人学校へ寄付されます。ご存知の通り、グアム日本人学校は、体育館建設に伴う借入金返済による財政難にあえいでいます。この学校で学び、成長していく子供たちの環境整備や設備充実のため、どうぞ今後とも一人でも多くの皆さまの更なるご支援・ご協力をお願い申し上げます。なお、次回は、9月に毎年恒例日本人会チャリティゴルフ(個人戦)を実施する予定です。会社やお仲間でお誘い合わせの上、是非ともご参加いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

日本人会教育部 野村 鈴代

寄付お礼

 大会運営へのご協力や日本人学校に寄付を頂いた企業様および個人の皆さまを以下にご報告いたします。


フィエスタリゾートグアム、ニッポーコーポレーション、前田道路、スターツグアムゴルフクラブ、ヒルトンリゾートグアム、ファーストハワイアンバンク、テンバタグアムインク、シェラトンラグーナグアムリゾート、高木アソシエイツ(株)、クラウディアグアムインク、アルパンビーチクラブ、バンクオブハワイ、ハーツレンタカー、飯塚コーポレーション、日本航空、キンデンパシフィックコーポレーション、オンワードリゾート&ゴルフ、東京海上日動火災保険(株)、MTG,INC、デロイト トウシュ トーマツ、(株)きんでん、坂元吉裕(敬称略)

 ご協力有難うございました。