在ハガッニャ日本国総領事館
総領事  関 泉

在ハガッニャ日本国総領事  関 泉さん総領事ご挨拶

 皆様
 初めまして。

 浦林総領事の後任として1月8日に着任しました関泉(せき いずみ)と申します。

 生まれは東京都中野区。育ちは東京都武蔵野市。結婚後は千葉県の柏市、横浜市を経て、現在の留守宅は千葉県の我孫子(あびこ)市です。

 外務省入省後の在外公館での勤務は、オーストラリア(キャンベラの大使館で3年)、アメリカ(ワシントンDCの大使館に2回。合計5年半)、リトアニア(注)の大使館2年半です。ワシントンDCでの勤務のほかに、若い時に、ニューヨーク州の人口1,000人に満たない小さな村のアメリカ人家庭で交換留学生として過ごし、また、ミネソタにあるリベラルアーツ・カレッジで研修し、アメリカ本土での滞在経験はありましたが、グアムは今回が初めてです。子供の頃から「行ってみたいな」と、なんとなく心に思い描いたところに住むことが、私のこれまでの人生では全て実現してきており、グアムもその一つでしたので、今回グアムで勤務できることを大変嬉しく思っております。

 赴任に際し、グアムの地において、まずはグアムにおられる在留邦人の方々、日系企業の方々、日系人の方々、邦人観光客や留学生、出張者の方々等を支援し、そして、日本とグアムとの関係強化に少しでも役立ちたいとの思いで参りました。そのような私にとり、グアム日本人会の存在、活動を知り、大変心強く、また、有り難く思います。グアムに日本総領事館が1975年に設置される前から、グアム日本人会は活動を開始され、日本人学校の設立・運営、当地の日本企業や在留邦人との相互親睦と支援、そして、グアムと日本との友好親善ならびに社会貢献の数々の活動を長きにわたって続けてこられています。日本人会会員企業や会員個人の方々はグアム経済に多大な貢献をしてこられました。また、グアムの地元の方々と日本との良好な関係基盤を皆さんは地道に堅固なものに築いてきて下さいました。ひとつひとつの皆様の活動に心から敬意を表するとともに、深く感謝申し上げます。総領事館としても、ひきつづき、皆さんとともに、日本企業や在留邦人の方々への支援、地元社会との友好関係の更なる進展、そしてグアムの発展のために努力して参る所存です。

 グアムに来て一月ちょっと経ちました。まだまだ、知らないことばかりですが、皆さまのお役にたてる総領事館を目指しておりますので、気楽にご連絡いただけると幸いです。今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

(注)リトアニアはバルト3国のひとつで、杉原千畝さんがユダヤ人に日本通過ビサを発給した領事館があった国です。