心温まるボランティア 南太平洋戦没者慰霊公苑(ジーゴ村)は日本人会や地元の有志の皆さんに助けられて運営をしております。先月、久しぶりに大きな台風(ドルフィン)がグアムを通過したのは、記憶に新しいところです。慰霊公苑はストームや台風が来るたびに大きな痛手を被ってきました。今回もまた、竹やぶの木が道を覆い歩けない状態になってしまいました。そんな折、5月28日(木)にグアムゴルフ場協会のメンバー10名ほどがチェーンソー持参で朝から慰霊公苑を訪れ、手際よく竹を切り道を開き、切り倒した木々の清掃作業を行ってくださいました。

心温まるボランティア オンワードマンギラオGCの坂根社長、スターツGGR和泉社長、オンワードタロフォフォGC伊藤GM、GICC小池GMをはじめ、作業を手伝ってくださったスタッフの皆さんに心より御礼申し上げます。また当日は「弁当シェフ」野中様より水やランチなど差し入れも頂戴しました。慰霊公苑は紙面では書ききれないほどのご支援を多くの皆様より賜っております。今年は戦後70年という節目の年でもあり、またツーリストの皆さんが平和祈願に毎日訪れる場所でもあります。慰霊公苑がいつもきれいに管理できるよう努めてまいります。今後とも皆様のご協力をお願い致します。  

(財)南太平洋戦没慰霊協会事務局長件財務担当理事 青木 一美