デロイト トウシュ トーマツ:  釣埼 マリコさん

 皆様、初めまして、今回会員紹介のコーナーに寄稿させていただく機会をいただきました、釣埼マリコと申します。2007年から2015年までの約8年間、有限責任監査法人トーマツ福岡事務所で勤務いたしまして、2015年9月よりDeloitte & Touche グアム事務所にて勤務開始いたしました。生まれも育ちも福岡で、大学も就職も同じく福岡であったため、今回初めて故郷を離れることになりました。以前に、数か月単位の海外出張等は経験していますが、今回は完全に移住となったこともあり、最近故郷の色々なものが少しずつ恋しくなってきています。

 特に趣味といった趣味はありませんが、ゾンビ映画やゾンビドラマ、とにかくゾンビにまつわるものが大好きで、「I LOVE ZOMBIE」と書かれたTシャツまで持っています。B級ゾンビ映画をわざわざ映画館まで見にいったときは、観客が私一人しかいないというなんとも贅沢な環境で心ゆくまでゾンビを楽しむことができました。特に詳しいわけではないので、あまり色々と聞かれても困りますが(聞かれる方もあまりいらっしゃらないでしょうが)、もし私と同じくゾンビ好きな方がいらっしゃれば、是非お声かけいただければと思います。

 グアムに越してきて約10か月、同じ監査法人での勤務とはいえ、国が違えば使用する法令や基準も異なり、また社内のルールも全く異なるため、最初は戸惑うことやわからないことがたくさんありましたが、周りの方々の温かいご指導や激励を受け、最近は少しずつ慣れてきたところです。その間に、色々な文化の違いに触れることで、奥ゆかしさ、義理人情、勤勉さやホスピタリティーといった、日本ならではの美徳というものを、改めて実感することができたと同時に、日本では軽視されがちな、自己主張やNoと言える姿勢の大切さも学ぶことができました。ここグアムで、日本人としての誇りを持ちつつ、他の文化の良いところもたくさん吸収し、「反省はしても、後悔はしない」という昔からのモットーを胸に、少しずつ前進していけたらいいなと思っています。

 以上、まとまりのない自己紹介でしたが、最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。まだまだ未熟者ではございますが、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

京海上日動火災保険(株)  長谷川 美佳さん

 東京海上日動火災保険㈱の長谷川美佳と申します。甚だ僭越ではございますがご依頼を頂きましたので、この場をお借りして自己紹介をさせていただきます。

 2011年の入社から5年間、大好きな横浜を任地としておりましたが、海外勤務を経験したい、ビジネスで使える英語力を養いたいという好奇心等から駐在を希望し、この4月に赴任して参りました。今回の赴任がグアム初上陸であった為、飛行機の中から島が見えた瞬間、あまりの美しさに「わぁ~!」と恥ずかしくも大きな声をあげてしまいました。共に働く弊社ローカルメンバーは皆、気立て、面倒見が良く、心から幸せな環境で毎日を過ごしていると感じています。

 自己紹介は何を書いても良いそうなので、多くの日本人の子供達がこの島で暮らしていると聞いた際に思い出した点に触れることにします。私は子供の頃、ニュージャージー州で6年間を過ごしました。初めて話しかけられた英語What’s your name?がわからず、パニックで凍りついた衝撃。少しの量の宿題に夜中までかかったこと。教室移動で迷って学校のトイレで泣いたこと。私と同じような経験をしている子がこの島にもいるかもしれません。12歳の私には辛い毎日でしたが、毎日引き続けた辞書がクタッとしてきた頃、少し英語がわかるようになりました。支えてくれた家族や友人に感謝すると共に、あの時頑張って英語を勉強したから、大人になった今、日本の外で仕事をしてみたい!という願いが叶ったのかな?とも思います。英語が苦手な子も、日本語が苦手な子も、ぜひ苦手な方の言語をたくさん使ってください。苦手な言語を話すのは大人でも照れくさく、疲れ、勇気が要ると感じる時がありますが、きっと重ねた努力は後に翼となり、地球の様々な所へ連れて行ってくれます。そして、私が今グアムでたくさんの素敵な出会いを見つけているように、素晴らしい友人に巡り会えるはずです。もし今辛い想いをしている子がいたら、なんとかこの時期を踏ん張って乗り越えてくれることを願っています。

 まだまだ半人前の私ですが、少しでもこの素敵なグアム島に価値提供を出来るよう頑張りたく、また、染まっていきたくと思っておりますので、これから皆様どうぞよろしくお願いいたします!