日頃から日本人会会員の皆様には、日本人学校の運営にご協力をいただきありがとうございます。

10月13日(日)2019年(令和元年)に日本人学校創立30周年を祝う一連の行事を無事に執り行う事ができました。


1.式典では、工藤校長、関総領事、佐藤日本人会会長より祝辞を頂き、まさに日本人学校校歌のように世界に羽ばたく児童生徒への応援がありました。

2.スクールパフォーマンスの前に上映された15分間のスライドショウにはどのスライドにも生徒の笑顔があふれていました。上級生が下級生をいたわる姿が随所にみられ、心が温かくなりました。

3.日本人会の学校を思う象徴のような体育館でのスクールパフォーマンス。それぞれの個性と創意がどの学年の劇にもあふれチームワークと引き継がれてきた思いやりを感じました。この精神がこれから先の日本人学校生徒にもタッチされていく事と思います。

4.ホテルニッコーでの懇親会には、150余名の方の参加を頂きました。リレー形式に日本人学校への思いを皆さまに語っていただき、幼児から70歳超の方までが楽しく2時間あまりを共有しました。日本人学校の縁が宴を盛り上げました。

日本人学校を応援して頂いた企業、個人からの協賛金総額は、$27,290にもなり、30周年の記録と記憶を残す30周年記念誌、クリアファイル、Tシャツ、ココバードマスコットドールを作成する事が出来ました。それらの支出合計は$19,372.68となり、残金$7916.32は日本人学校に寄付させていただきます。

 30年間子供達を守り伴に過ごした校舎、遊具が老朽化してきましたので修繕、修復をする費用とし、将来に引き継ぎたいと思っております。

 皆様、これまでの平成元号と一致する日本人学校の30年間ありがとうございました。令和元年から10年先の40周年を目指し更に日本人学校との縁を深め、また会いましょう。

日本人学校創立30周年事業実行委員会