ケース1

 ある都市の郊外に住む若い夫婦がある朝起きると家の前に止めておいた車が消えうせていた。ところが翌朝車が戻されており、車の中に「やむを得ない事情で、あなたの車を一日お借りしました。大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。」という丁寧な詫び状にプロ野球の観戦券2枚が同封されていた。喜び勇んでプロ野球に出かけた二人だが、帰ってみると家の中が荒らされ、金目の物が盗まれていた。

ケース2

 飛行場の長期パーキング場に車を置いて旅行に出た夫婦が、自分たちの車に戻ると車の中が荒らされた形跡があり、ガレージドアのオープナーが無くなっていた。家に戻ると、家の中が荒らされ、金目のものがすべて消えうせていた。ダッシュボードの中に入っているレジストレーションなどの書類から住所を調べ、ガレージドアを開けて家の中に侵入したらしい。

ケース3

 ある主婦がグロサリーストアでカートの子供用シートにハンドバッグを入れ買い物をしていた。棚の上方にある商品を取ろうとカートを離れ、自分のカートに戻るとハンドバッグが消えていた。慌てて探したが見つからず、店の係員からモールのセキュリティーに連絡してもらい、帰宅した。しばらくしてモールのセキュリティーより電話があり、ハンドバッグが見つかったと言う。急いでモールのセキュリティーに会いに行くと、電話をした覚えがないという返事。意気消沈して家にもどると、家の中が荒らされ、金目の物が無くなっていた。犯人はモールからずっと彼女の後をつけてきていたらしい。

ケース4

 デパートでショッピングをし、人気のないトイレに入った女性が、ハンドバッグをドアの上方のフックにかけて便座に座ったところ、細長い手がドアの上から伸びてハンドバッグをひったくった。「泥棒!」大声をだしたが誰もいる様子がない。慌てて身支度を整え、外に出たが、顔を見ていないので大勢のショッピング客に紛れ込んでしまった犯人を見つけることができなかった。