デロイトトウシュトーマツ・ミクロネシア
Deloitte & Touche LLP



 デロイトトゥシュトーマツ・ミクロネシア事務所はミクロネシア地域で40年以上に渡り監査、税務、会計、コンサルティングサービス等を提供する、地域最大級の会計事務所です。グアム、サイパン、ミクロネシア連邦ポンペイ、パラオ、マーシャルに事務所を構え、地元に密着しながらも、日系企業の特質・日本のビジネス環境を理解した日本人スタッフを豊富に抱えているため(総勢100名のスタッフのうち日本人職員は10名を数え、8名はグアム、2名はポンペイに常駐しています)、日本と同一水準のサービス提供が可能です。

 また、私たちは全世界150ヶ国以上、約28万人からなる国際会計事務所 Deloitte Touche Tohmatsu Limitedのメンバーファームとしてその運営に参画しているため、その国際ネットワークを最大限に活かし、世界水準の高品質なプロフェッショナルなサービスを提供することができます。

 私たちはさまざまな形で年間を通じて地域社会への貢献に取り組んでおります。例えばグアム事務所ではグアム大学の学生たちにインターンシップだけでなく、オープンキャンパスならぬオープンオフィスのような機会を多く設け、学生たちに実際の会社の雰囲気を味わってもらったり、Mixerという学生たちとの交流の場に積極的に参加して、これからの未来を担う若者たちに働くことへの興味を持ってもらうような活動をしております。
また、毎年6月にIMPACT Dayという日を設け、メンバーが一斉に活動し、社会へ大きなインパクトを与えると同時に、私たち自身も、インパクト・影響力のある組織の一員としての自覚やほこりを再認識するという取り組みを行っております。この活動はDeloitte USで始まり、世界中のメンバーファームに広がっており、グアム事務所では学校施設のペンキ塗り、小学校でのスポーツイベントの開催、小学生たちを連れてのフィールドワーク、そして清掃活動など毎年様々な活動を行っております。一人ひとりの小さな行動が積み重なることで、大きなエネルギーとなり、社会、クライアント、そして私たちにとって価値あるIMPACTをもたらすことができます。

 さらに、ミクロネシアの島々における海外からの投資を促進する取り組みにおいても、ローカルコミュニティーの良きアドバイザーという立場で、様々な制度作りなどの観点から国造りの一端を担っています。
このように、契約上のサービスを提供するだけが私たちのゴールではありません。グアム、そしてミクロネシア地域を取り巻く環境がめまぐるしく変化する今、成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、これからのビジネスに求められている価値観であると考えます。次世代のために、その先にある未来のために、クライアントと、そしてその地域の人とともにバリューを創り出し、ミクロネシア一帯の成長へつなげる。それは新しいビジネスの“イミ”の探求、新しいビジネスの“カタチ”の創造でもあります。
デロイトトゥシュトーマツ・ミクロネシア事務所はクライアントと共にグアム、そしてミクロネシア地域一帯を進化させ続けるような存在でありたいと思っております。

DELOITTE & TOUCHE LLP

日系企業サービスグループ 池端華代