グアムに住んでいると日本に住んでいる時よりも、海が身近にあり、気軽に遊びに行くことが出来ます。グアムのビーチの海は遠浅で、透明度が高いので子供から大人まで十分に楽しめます。グアム在住の方は是非、海での遊びを経験して頂きたいですし、既に楽しんでいる方はこれからも続けて欲しいですね

 しかしながらここ最近、その浅瀬でも水難事故が起きていることも忘れてはなりません。海で遊ぶということは危険も伴うことがあり、たとえ水泳が得意な人であっても、思いがけないトラブルでパニックが起き大きな事故に繋がる可能性もあります。

 ではどうすれば事故を未然に防ぐ事が出来るかを考えてみましょう。

■海の環境を知っておきましょう。

 波が高い時や潮が満ちている時は海が流れている可能性があり、またいつも遊び慣れているビーチでも干満によっては1メートル以上深度が違う時もあります。

 流れの強さによっては泳いでも進むことが出来ずにビーチに戻れない場合もあるのです。

 そのために遊泳区域を守る事が大切です。

 遊泳区域は海の流れや深さが考慮され指定されたものでもあり、トラブルが起きてもすぐに助けることが出来るエリアとなっていますので安心して遊ぶことが出来ます。

■体調管理はしっかりと。

 体調が良くない場合の海遊びはやめておきましょう。
また、海で泳ぐ、浮くということは陸上の運動とは全く違うものです。

 足がつって泳げなくなっただけでも大きな事故に繋がる場合も考えられますので、準備運動も忘れないようにして下さい。

■器材の正しい使用方法を確認して下さい。

 シュノーケルセットの使い方をマスターしてください。

 特にシュノーケル内の水を吹き飛ばす方法や、フィンを履いたまま浅瀬で歩く方法や立ち上がる方法を覚えましょう。

 そして次に、ライフジャケットを着用することです。

 事故を未然に防ぐということに関しては一番重要な項目かもしれません。

 体を動かさずに十分に浮くことが出来るので、着用するだけで無駄な体力を消耗することがなく快適に泳ぐことが出来ます。ライフジャケットがあるだけでも安全面はかなり向上することは間違いありません。

 以上のように、海の知識や、器材を正しく使用すること、更には1人で遊ぶのではなく2人以上のグループで行動することによって安全性や楽しさが増していきます。

 皆様是非グアムの海を楽しんで下さいね。

S2 CLUB GUAM    得丸 洋輔