最近日本行きの航空便が減っていると感じませんか?
 一時期は、グアムから、札幌、広島、岡山、新潟、那覇(沖縄)にも直行便がありましたが、今はありません。そして便数も減りましたし、飛行機が小さくなって席数も減りました。私は個人的に軍関係の仕事で沖縄に行くことが多いので、那覇便は便利でした。しかし、私を含めて17人しかお客さんがいなかったこともありましたので、なくなったのは当然かもしれません。グアムから一番近い日本の大都市である那覇に、全部の日本行きの飛行機が一度降りて、そこから全国に分かれて飛べば、飛行機の大型化と減便により、効率化だけでなく、地球温暖化にもいいかと思いますが、やはり直行便でないとだめなのでしょうか。

 そんな夢物語はさておき、2月18日現在、グアムから、またグアムへのフライトがどの程度あるのか、調べていただきました。結果は以下のとおりです。表中の中部は、名古屋のセントレヤです。

昨今のグアムフライト事情写真1

 上記定期便のほかに、2月に成田から28便5,264席、3月に成田12便、中部16便、関空19便の合計8,855席分のチャーターが予定されているそうです。ちなみに、昨年は、2月はチャーターなし、3月は成田24便、中部34便、関空5便で合計10,248席でした。

 チャーターがあるとはいえ、定期便で考えると・・・な、なんとわずか週に14,278席、1年52週で742,456席。つまり、全ての便が満席でも742,456人しかグアムに来ることができません。実際の今年の日本人来島者は、40万から50万人くらいが関の山とおもわれます。つい数年前まで、80万から過去の記録である100万人にせまる勢いで日本から観光客が来ていたのに・・・さみしい限りです。

 そんな中、朗報が一つ。3月28日からJALの成田便が毎日2便になります。週1,659席が3,318席に倍増します。これまで、なかなか予約が取れないと思っていた方には朗報ですね。ただ気になるのはフライトナンバー。新しく増えた便が8941と8942で8000番台ということは、臨時便扱いと思われます。お客さんが少ないとなくなる可能性大です。みんなで乗って3桁の便名、すなわち定期便に変えましょう!

 参考までに、3月の日本便の時刻表は以下のとおりです。春休みやイースターブレイクに日本に行きましょう!

 航空会社の都合等により変更される場合がありますので、予約の際にご確認ください。

昨今のグアムフライト事情写真1

昨今のグアムフライト事情写真1
                    

編集委員:中村 一樹