グアムに長く住むと、日本と常識の感覚が少しずれてくるようです。現地に根付いて生活しているだけで、悪いことではないのですが、どの程度ずれているか確認するのは面白いかもしれません。これからお送りする川柳、別におかしくないと思ったら・・・・・かなりのハイレベルでグアムに順応していると言えます。お気を付けください。

もう数年も前ですが、ホテルロードのあるホテルに泊まっていた時、夜中に、近くのビルのアラームがけたたましく鳴りだし、寝ていたところを起こされてしまいました。どろぼうか?何があったのだろう、すぐに警備会社か警察が駆け付けるだろうと興味本位に窓から見ていましたが、一向に誰も現れず。そのあと、うるさくて、寝ようにも寝られなかったことがありました。そこで一句。

鳴り出した アラーム朝まで 止まらない

また先日は、職場のビルのポンプ室からアラームが聞こえてきました。管理会社が対応するだろうと思いきや、翌朝も鳴っていました。前述のホテルでの経験がフラッシュバックしました。グアムでは、アラームは重視されていないのでしょうか。確かに、誤動作も多く、私の住んでいるところでも、時々鳴っています。そうなると、グアムが長い人は、アラームが鳴っても、まず、危ないことはない、ただのアラームの故障だと思ってしまうのでしょうか。
逆に、故障していないのに、故障していると、自分の都合のいいように思い込み、行動する人も見受けられます。左折信号がずーっと赤のままの場合、無視して左折する人がいます。

赤信号 故障と思えば 左折も可

日本ではありえません。本当に故障の時は、点滅するようにできていますので、念のため。
故障と言えば、グアムでは、ライフラインの故障が多く、びっくりします。台風などで送電網がやられたというのであればまだしも、メンテナンスが悪くて停電が起きることもあり、本当にここはアメリカかと思ってしまいます。そういえば、2016年はとても停電の多い1年でした。1年間に10回くらいありました。その理由の一つが、ねずみでした。PDNに、デデドの変電所内のかじられたケーブルと焼け焦げたねずみの写真が載っていたのには驚きました。ん・・・いやいやおかしいでしょう。そもそもその小さなケーブル1本かじられたくらいで、あんなに広い範囲が停電しますか? 設備の古さとメンテナンスの悪さのいいわけではないですか!

ねずみの死 エクスキューズに 使われる

   (合掌)

まず発電所の中からねずみを退治してください。私も思わず、ねずみだから仕方がないかと思ってしまうところでした。

編集委員:K.N.