第28代 日本人会会長 佐藤 光男

日本人会長 佐藤 光男さん新年、明けましておめでとうございます。

皆様にはご家族と共に健やかなお正月をお迎えのことと存じます。

さて、昨年は誰もが想像もしなかったパンデミックが2年目に及び、年末には新型変異種の出現もあり、未だに世界中の人々が困難な生活を余儀なくされております。一方では、ワクチン接種が普及して、やっと長いトンネルの出口を模索し続けている今日この頃と思います。皆様のお知り合いの方を含めて、コロナ渦に大きな影響を受けられた方々へお見舞い申し上げます。

2021年のグアム日本人会は、コロナ渦を何とか乗り越えて様々な年間行事の遂行を計画しておりました。特にグアム日本人会秋祭りは従来の開催方法を変更して、登録制で人数制限などの工夫を施すことで是非とも開催したいと実施計画を6月頃から進めておりました。しかし、残念ながら8月以降のグアムでの感染者が急激に発生した事を起因として、厳しい集会制限が政府より発表されました。そこで苦渋の決断でしたが、参加者の安全第一を考えての2年連続の秋祭り開催中止を決断致した次第です。秋祭り実行委員会での議論では、「秋祭りは実際に参加して、人と人のふれあいを通しての実体験こそがあの感動を呼ぶものである。」との結論に到達致しました。毎年秋祭りを楽しみにしていただき、様々な支援をいただいております日本人会会員の皆様には何卒、今回の決定へのご理解を頂戴致したくお願い申し上げます。

一方、グアム日本人学校支援を目的としたチャリティゴルフ大会は、1年間で2回目の開催にも関わらず、11月に多数のご参加者と共にスポンサー資金や賞品のご提供を頂くことによって楽しく開催できました。そして、ゴルフプレーをされなくても寄付金を寄せて頂いている多くの方々が居られることをお伝え申し上げると共に、日本人会会員のグアム日本人学校への御支援に対して厚く感謝申し上げます。

最後になりますが、2022年は必ずやこの長いパンデミックとの闘いに世界が勝利して、人々の生活が平常に戻り、グアムの主産業である観光再開やその他の産業への投資と文化交流を通じて来島者数が従来に戻り、皆様の生活が平常化され安定されることを願っております。

それまでの間、もうしばらくの辛抱と努力をグアム日本人会全体で継続して参りましょう。

そして、皆様にとりまして、2022年が有意義であり充実した年と成りますことを祈念しております。