在ハガッニャ日本国総領事館
総領事・日本人会名誉会長  小林 敏明

在ハガッニャ日本国総領事  小林 敏明さん総領事 新年のご挨拶

 謹んで新年の御挨拶を申し上げます。

 昨年は、百年に一度とも言われる規模の感染症が大流行し、世界にとり試練の一年となりました。観光に大きく依存するグアムでは殊更大きな経済的打撃を受け、感染拡大と各種規制により生活は不便を強いられています。周年行事等で盛り上がった一昨年からは隔世の感があるのではないでしょうか。私たちの生活がいかに安全・安心に支えられてきたかを痛感する次第です。こうした中でも、日本人会の多くの皆様方は当地で厳しい状況をじっと堪え、春に向けて黙々と準備しておられるものと存じます。

 当館は、感染拡大期間においても一貫して業務を継続し、適時にグアム政府とやりとりしながら、在留邦人の皆様方のお役に立てるよう専念して参りました。また、グアム政府による新型コロナ関連の各種規制等につき、当館ホームページやソーシャルメディアを通じて迅速かつ正確に情報提供するよう心掛けて参りました。今後もきめ細かな情報提供に努めていく所存です。

 12月下旬時点で、グアムの状況はかなり改善してきました。今後は、日本とグアムの間でいかに水際措置を緩和していくかが、ビジネスの再活性化、不便だった生活の改善のためにも重要です。早期に具体的な調整が開始できることを期待しつつ、当館としても状況を注視して最大限の対応をして参ります。対面授業再開を含め、グアム日本人学校への支援にも引き続き尽力します。

 春になれば、草木は必ず芽吹きます。古来、日本人は幾多の災害や苦難を乗り越えて今日の日本を築き上げてきました。環境が変わってもしなやかに適応し、しぶとく生き残っていく。そういう気概をグアムの方々と共に見せられる2021年となることを信じています。

 当館も、皆様と共に歩んで参ります。ご要望やご質問などがありましたら、遠慮なくご連絡いただければ幸いです。誠実に対応することをお約束します。