デシュタニ・グアム・リゾート コンベンションセンター
 今年7月に新規開業したデュシタニ・グアム・リゾートにグアム最大規模となるコンベンションセンターが遂に完成した。大小9つのファンクションルーム(会議場、宴会場)からなり、目玉は広さ1169平方メートルを誇る「グランドボールルーム」。グアムにあるファンクションルームとしては最大で、着席で950名が収容可能。自慢はその広さだけではない。ニューヨークや東京の有名ホテルでの輝かしい経歴を持つエグゼクティブシェフが指揮する素晴らしい料理、壁に埋め込まれたLEDやシャンデリアの照明がシーンに合わせ、最高の表情を演出する。

デシュタニ・グアム・リゾート コンベンションセンター
 グアムの主要産業である観光業、その観光業界において近年国際的に注目を集めているMICE(マイス)という言葉がある。MICEとは、Meeting(会議・研修・セミナー)、Incentive tour(報奨・招待旅行), Convention またはConference(大会・学会・国際会議), Exhibition(展示会)の頭文字をとった造語で、ビジネストラベルの一形態を指す。一度に大人数が動くだけでなく、一般の観光旅行に比べ参加者の消費額が大きいことなどから、MICEの誘致に力を入れる国や地域が増えている。

 好調なアジア市場に対し、1,000名規模の大型MICEの受け皿がグアムに完成した。デュシタニ・グアム・リゾートのグランドボールルームオープンは、観光業界においてグアムの国際的な競争力を高め、そのステージを一歩前進させたと言える。このボールルームが日本マーケットでにぎわうことも期待したい。

編集委員 E.K.