「グアム日本人学校に通っていて」

中学部三年 中川 撤平

 グアム日本人学校(全日制)の幼稚部に入ってからあっという間に九年間が過ぎ、僕は中学三年生になりました。

 その九年間の中でさまざまなことについて学び、沢山の行事や活動を体験することができました。その中でも一番僕の心に残っている行事は、修学旅行です。昨年の修学旅行では、大阪城や清水寺などの日本の歴史的建築物を見て、実際に日本の歴史を感じることができました。仲間と一緒に過ごし、友達の良さや集団行動の大切さについて学ぶことができ、今でも大切な思い出の一つです。

 日本人学校では、他のグアムの学校では学べないこともいろいろと学ぶことができました。学校では、日本語、そして日本の文化や歴史について詳しく学べ、それと同時に英語のクラスがあり両方の言語を同時に学ぶことが出来ました。他にも、交流学習などを通して、グアムの伝統文化を知る機会が沢山ありました。

 このように、日本人学校では、幅広いことを体験でき学ぶことが出来ました。日本人学校では、児童生徒そして先生方全員が優しく明るく、毎日本当に楽しいです。僕は、優しい人が沢山いて、つぎつぎと新しい事を体験できる日本人学校が大好きです。しかし、今年僕は卒業してしまいます。日本人学校での残り少ない大切な日々を充実したものにしたいです。

グアム補習授業校

1 はじめに

(和田 有加)

グアム日本人学校から・補習授業校から わたしたちの補習授業校の中三のクラスは、みんなで11人です。楽しく学習しています。男子6名と女子5名の明るくて楽しいメンバーでいっぱいです教室の中での勉強を楽しくしてくれる人や、難しくてわからない事を教えてくれる人がいて、授業がスムーズに進みます。先生も私たちと一緒に笑っていて、毎週土曜日のクラスを楽しくしてくれます。

2 補習授業校の行事

(森 礼美)

 土曜日の補習校の行事は、漢字大会、音読大会とスポーツ大会があります。
漢字大会は、1年に3回あります。百点をとると終業式に百点表彰が行われます。
音読大会は、学年ごとに練習して最後の2時間を使って、みんなの前で発表します。
スポーツ大会は、1番みんなが好きな行事だと思います。スポーツ大会は、リレー、パン食い競走、玉入れといろいろあります。

3 補習校の苦労

(谷 春香)

 現地校と補習校に休まないで通うのは、本当に難しいです。なぜならば、私の行っているセントジョンは、宿題もいっぱいあってテストも勉強しないとむずかしいので、時々補習校も休まないといけません。他の学校もむずかしいと思います。
私たち中学3年生は、現地校で言うフレッシュマン、高校1年生。高校からは、むずかしくなります。ですがそれでも補習校にがんばって行きます。

4 修学旅行

(テノリオ 紫依羅)

 2年前、中1のときみんなで、名古屋、奈良、大阪と京都へ旅行しました。お寺やモミジの木がとてもきれいでした。友達と旅館で泊まるのが楽しかったです。たまに寝ている間にいたずらされたりおもしろかったです。大阪のユニバーサルスタジオではいろんなおもしろい乗り物に乗りました。一番楽しかった乗り物は、「ハリウッド・ザ・ライド」でした。この乗り物は自分の好きなうたを聞きながらものすごい速さで動きます。またみんなで修学旅行に行きたいと思います。

5 終わりに

(吉田 幸之助)

 土曜日に学校がある事、慣れない漢字の学習テストをしなければならない事などと、嫌なこともたくさんありますが、そのハードルを乗り越えた先に、将来役に立つことがあると信じ頑張り続けると、必ず良い事、役に立つことがますます身に付くと思います。
なので、将来役に立つことを学びたい人や、英語と日本語の二つの言葉を喋れるようになりたい人は、ぜひこの補習授業校に来てみてはいかがでしょうか。