7月8日(木)グアム日本人学校にて、2020年度チャリティーゴルフ大会(本年2/22~3/7カントリークラブ オブ ザ パシフィックにて開催)の寄付金贈呈式が行われました。
同大会には期間を通して延べ123名と、会員の皆様を中心に多くの方々にご参加頂き、寄付金は経費を差し引いたS11,790.05をご用意することができました。
贈呈式では学校からは全日制の井手校長先生と補習校の佐藤校長先生とダカナイ事務長にご出席頂き、グアム日本人会を代表して佐藤会長より寄付金小切手をお渡ししました。


(写真左より、ダカナイ事務長・佐藤補習校校長・井手校長・佐藤会長・平野教育部長)

贈呈にあたり佐藤会長より「昨年度はコロナの影響より秋祭りも開催出来ず、厳しい財政状況が続いておりますが、チャリティーゴルフをなんとか開催し寄付金の捻出を致しました。」とお話をし、井出校長をはじめ学校3役より寄付金への感謝の気持ちと「児童生徒のために大切に使わせていただきます。」とのお言葉があり、無事に贈呈式終了となりました。
今回のチャリティーゴルフ大会は、コロナの影響により開催に至るまでには日本人会としても沢山の苦労がありましたが、会員の皆様の温かいご支援と関係各位のご協力のお陰で、寄付金贈呈に至りましたこと心より感謝申しあげます。

教育部 岡本智明