南のハッピーヘルシーレシピ -グアムの食材、マクロビオティック-

~グアムの食材でマクロビオティク~

Hafa Adai!

 

先月号で”マクロビオティック”というお野菜中心の食生活に替えたところ、グアムで手に入る食材で十分楽しめ、しかもみるみる身体が元気になっていくのが嬉しいとお伝えしました。マクロビオティックはカラダもココロも元気にしてくれるだけでなく、東洋思想をベースにした深い哲学や考え方に則っていて、自分のことだけでなく、環境や自然との生き方など多くのことに気づかせ、考えさせてくれます。そのようなこともお伝えしたいところですが、時の経つのは本当に早く、気がつけば今回で丸々2年Latteでレシピをご紹介させていただいたことになり、私も今月でこのコーナーを卒業させていただくことになりました。

そこで最後のレシピは、ちょっとしたお祝いやパーティーなどにも喜んでいただける玄米ごはんを使ったロール寿司のレシピをご紹介したいと思います♪

実は私、おうちでお寿司を作るのがどうも苦手でした…。というのも、酢飯を作るのがとっても難しいから!今までは懐石料理で有名な『分とく山』の野崎洋光さんのレシピで酢飯づくりにチャレンジしていましたが、白米をツヤツヤに、ひとつぶひとつぶが立つように酢飯を作ろうと思うと、腕が2本じゃ絶対足りない~!そもそも酢飯にすることを考えて水加減してごはんを炊くのも難しかったし…。

でも玄米ごはんなら白米のようにすぐにベチャベチャしてしまうこともなく、梅酢をさらっと混ぜるだけでとってもさっぱりしたおいしい酢飯ができてしまうので、私の中の”おうちでお寿司”ハードルがぐぐぐっと下がりましたよ。

『玄米ごはんでちょっとエスニックなカラフルなロール寿司:P』 (1人分)
<材料>

玄米ごはん(炊いたもの) 200グラム
梅酢 大さじ1
海苔 1枚
大根の葉 1枚
人参 1/6本
きゅうり 1/6本
大根のしょうゆ漬け 1/6本
ピーナッツペースト(無糖) 大さじ1
香菜 適宜
梅酢(手水用) 大さじ1
水(手水用) 50cc


<作り方>
1) 大根の葉はひとつまみのお塩を入れたお湯で茹でる。人参、きゅうり、大根のしょうゆ漬けは千切り。梅酢とお水で手水を作る。

2) 炊きたての玄米ごはんを飯台などに移し、梅酢をふりかけながらしゃもじでさっくりと切るように和える。ごはんを潰さないように!

3) 巻きすに表を下にして軽く炙った海苔を置き、手水で湿らせた指で②の酢飯を均一な厚みに乗せる。向こう側3センチには乗せない。

4) 3)の手前側に大根の葉を乗せ、ピーナッツペーストを塗る。人参、きゅうり、大根のしょうゆ漬け、香菜をバランスよく乗せる。

5) 具をぐっと押さえながら巻きすの手前側を持ち上げて巻き始める。少しずつ向こう側に押し付けるようにしながら巻いていく。

6) 手水を軽く海苔の端に付けて海苔を止め、最後にもう一度成形するように巻きすの上からぎゅっとのり巻きを締める。

7) 軽く濡らした包丁でのり巻きを2等分にし、2本をあわせてさらに4つに等分にする。包丁を毎回拭きながら切ると切りやすい。

8) お皿に盛りつけ、お好みで香菜を飾ってでき上がり:) このままでも、お醤油をつけて食べてもおいしいです!

*私の体調の変化やマクロビオティックのレシピなどは下記ブログでご紹介し続けていきたいと思います。もし興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひチェックしてみてくださいね。
『ゆるロビ生活』 https://iamcecilia.exblog.jp/

これまで連載を楽しみにしてくださった皆さま、本当にありがとうございました!これからも皆さまハッピーで、ヘルシーなグアムライフを満喫してくださいね!

A bientôt!

鶴賀 奈穂乃