ローカルのカラマンシーをたくさんいただいたので一部をマーマレードにしてみました。実が小ぶりなのでちょっと手間がかかりますが、ステイホームの時間を使って楽しく作りましょう!作っている間、家中に爽やかな香りがしますよ。

材料: カラマンシー
    砂糖(カラマンシーの重さの50~80%位)
    
作り方
1.カラマンシーは4つ割りにして皮と実に分ける。
2.皮は苦みが強いので細く千切りにして2回ほど茹でこぼし、流水できれいに流した後、きれいな水にさらして冷蔵庫で一晩おく。
3.実は絞って果汁、袋、種に分ける。袋の部分は粗く刻む。種にはペクチン(ジャムのとろみになる)が多く含まれるので捨てずに「だしパック」とか「お茶パック」に入れる。
4.鍋(ホーロー引き、ステンレス製など酸に耐えられるもの)に果汁、袋、パック入りの種を入れ火にかける。とろみが出てきたら種を取り出し砂糖、水を切った皮を適量(全部入れると多すぎます)加え焦げないように詰めれば出来上がり。

 
メモ
砂糖は、長持ちさせたい場合80%以上が望ましいですが、甘すぎるので私は50%くらいで作っています。冷蔵庫で保存して早めにお召し上がりください。瓶に詰めるときは先に瓶と蓋を煮沸殺菌しておくとよいです。残った皮は砂糖煮やお菓子に加えて使うとよいです。

<投稿者 M.T.>