皆さん、「モリンガ(マルンガイ)」ってご存じですか? 

belen 娘のオンラインクラスで先生が「ティノラスープ(青パパイヤとお肉のスープ)にマルンガイを入れて食べました」と話しているのを聞き、“マルンガイ”って何?と調べてみたのがきっかけでした。

 日本では「ワサビノキ」「モリンガ」と呼ばれるのが一般的で、北インド地方が原産でアフリカ・東南アジアに主に生息し、近年は日本でも沖縄などで栽培されております。

このモリンガの木、通称「スーパーフード」「奇跡の木」「300の病気を予防する薬箱の木」あるいは「地球で最も栄養分を含む植物」などとも呼ばれ、あのクレオパトラさえモリンガのオイルやお茶を使っていたという話があるほどです。そのミラクル性から世界的に注目されており、近年日本でもサプリメントやお茶としてネット販売されております。モリンガの種、幹、枝、葉、根、花余すことなく全ての部分が利用価値が高いといわれております。

belen 具体的にいくつかの効用・栄養価を見ますと
【効用】
内臓強化
老廃物を排出
視力向上
コレステロール値低下
高血圧の低下
血糖コントロール
ダイエット
アンチエイジング
安眠、リラックス等精神安定効果
免疫強化 
等々 



belen

またポリフェノールも豊富で赤ワインの7.4倍も多く含まれているとのデータも出ておりました(lifeジャックより)

belen こんなにもミラクルなもの、是非家で栽培できないかと思い調べてみました。

どうやって育つ?

 成木は10~12メートル、直径45センチまで大きくなります。とても成長が早く1年で4メートルほどの大きくなる事もあるようで、大きな庭が必要といえそうです。
種から栽培の場合は1日水に浸けておき、1センチ深さに植える。毎日軽く水をあげ1~2週間ほどで発芽します。60~90センチほどのびたら移植を。
挿し木からの場合は45センチから1.5メートル(太さ10センチほど)の枝を3日ほど木陰で乾燥させ、苗床、あるいは直接地面に植えると2ヶ月~3ヶ月ほどで根が成長してきます。
by Arlene I De Asis Bicol Integrated Agricultural Research Center

1日消費量は?

小さじ1~大さじ1(ドライパウダーの場合)
5~10グラム(生の場合)
by Carrie Waterman Ph.D. professional researcher at UC Davis

モリンガ体験談

 偶然にもモリンガの葉を頂く機会があったので、とにかく食べてみました。軽く湯で、餃子や卵焼き、サラダ、勿論スープと様々なものに入れて食べてみました。(ちなみにゆで汁は栄養がたくさん含まれるのでインドなどではカレーやスープにも使われるようです。)

 長く食べ続けないとその効果というのは出てこないかと思いますが、10日程経って大きな違いを感じたのは肌のキメ。触ってもつるつるした感じで化粧ののりが変わりました。2週間ほどお茶を飲んで友人から「お化粧変えた?」と言われたという記事を読みましたが、納得でした。美容液より効果があったように感じます。また食物繊維も豊富なためお通じが良くなり、むくみにも効果があったようでした。

 家の近くで偶然マルンガイを手に持っている人と出会いました。どこから持ってきたのか聞いてみたところ「すぐそこの木」と言われぴっくり。家の周りを見てみたら結構あちこちにモリンガの木があることに気が付きました。意外に皆さんの家の近くにもひっそりと隠れているかもしれません。この貴重なミラクルツリー、せっかく身近にあるこのグアムで体験してみはいかがでしょうか?

注)子宮を収縮させるという報告も出ていますので、妊婦さんのモリンガ摂取には十分注意してください。

(投稿T.A)