2020年10月中旬に日本に一時帰国しました。
成田空港での検疫検査の流れを報告します!

1.機内で事前に下記の書類(4枚)が配布されます。

①厚生労働省からのお願い
②入国される方へ検疫所よりお知らせ
③LINEアプリ等を活用した確認
④質問票

PCR検査 PCR検査

PCR検査 PCR検査

2.成田空港到着後、導線に従って移動します。

 上記書類を係員に渡し記入漏れなどなければ検査キットとバコードのシールを書類に添付してもらい唾液の検査場所へ移動。

3.唾液採取

 検査場所は一人一人区切られており椅子はありませんでした。
昔理科の実験で使ったような小さな細長いシリンダーに唾液を採取します。
シリンダーの直径は10mmくらいだったように思います。
そのシリンダーの下の方に黒線があり下から高さ3〜4mm唾液を採取しないといけません。

 口元につけるキットをシリンダーに装着し唾液を採取。
唾液を口の中に溜めては「ぺッペッーーペッーー」と音をたてて、みんな必死に採取します。
私は簡単に取れましたが15歳の娘は「唾液出ない〜〜なんでーー」と言いながら唾液の泡ばかりを黒線まで入れ、採れたと満足顔。大笑いです。
泡ではダメなので、何度も頑張らせてやっと採取できました。

 採取直前には水などを飲んではいけないようなので事前に飲んでおくと唾液が出やすいようです。または唾液分泌のツボを調べておきましょう。
唾液採取ができない人は鼻腔検査もできるようです。

4.検査結果

 唾液採取場所から検査結果の待合室へ移動します。PCR検査
カウンターで係員から検査結果や検疫期間の説明などを受けます。
日本滞在期間中LINEで厚生省へ健康状態を報告することも可能です。

 日により検査結果の時間が異なり待ち時間は30分〜2時間くらいのようです。
私は到着日が土曜日だったので2時間待ちでした。

 検査結果は番号で呼ばれ後、指定カウンターに行き係員より陰性か陽性の紙を渡されます。私の番号は218番。娘は219番。
普通は番号順に呼ばれると思うじゃないですか?
でも、何故か娘の番号だけ早く呼ばれ、私の番号はしばらく経っても呼ばれず。もしかしてどちらかが陽性??待っている間中、ドキドキ。陽性が出たらどうしよう?ドキドキ。本当に怖かったです。
しかし、結果は2人とも陰性でした。

5.番外編(Wifi受け取り)

 検査結果とは関係ありませんが一時帰国のため日本でwifiレンタルの予約をしていました。今はWifiカウンターが空いていません。そこで空港の郵便局留にしていたのですが、郵便局も普段より早く閉まるため、受取時間がギリギリでした。

 空港受取の場合は、迎えに来てくれるご家族、友人の方に本人の代行として受け取ってもらうことをお勧めします。
 今回は、悩みに悩んで、運転免許画像を添えた手書き(検疫を受けながら書いた)の委任状を携帯で撮り、メールで家族に送付。家族はその画像を空港のコンビニで印刷し、郵便局に提出することで無事受け取れました。(委任状は要印刷。携帯でデータを見せても却下。)

編集委員 S.T.