ω-3って何だろう?

オメガ
 近頃、ちまたでよく目(耳)にする「ω(オメガ)-3」っていったい何なんでしょう?

 脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。ここまでは昔理科で習ったなあとうっすら記憶にあるのではないでしょうか。

 ω-3とはω-3脂肪酸のことで、ω-3の位置に炭素の二重結合を持つ不飽和脂肪酸の総称で、体内で合成することのできない必須脂肪酸です。

 昔から不飽和脂肪酸で名のとおったα-リノレン酸(ALA)、ちょっと前に頭が良くなるとかで大流行していたドコサヘキサエン酸(DHA)、血液がサラサラになるとかのエイコサペンタエン酸(EPA)などが有名なω-3脂肪酸です。

 じゃあ、なぜω-3、ω-3と騒ぐのか・・・・・ω-3にはアレルギーを抑制するのに効果があるとか、コレステロールを下げるとか、免疫力を上げるとか、アルツハイマー予防に効果があるとかいわれているので、きっとそういったリスクを減らしたいと思っている人が多いということなのでしょう。

オメガ
 ω-3は青魚やしそ油、えごま油、亜麻仁油、くるみ、亜麻の種(フラックス・シード)、緑黄色野菜、豆類、海藻などから摂る事ができます。加熱に弱いので気をつけてください。また、薬ではありませんから、すぐに効果が出ると言うものでもありません。

 アメリカ心臓協会によると、心疾患のリスクを下げるため、週に2回はω-3脂肪酸を含む魚を食べましょうとか、お肉や乳製品も脂肪の少ないものを選びましょうなどと勧めています。

 昔から言われているように、飽和脂肪酸の多い動物性脂肪より、不飽和脂肪酸の多い食品をとるように心がけましょうと言うことではないでしょうか。

 また、いくらω-3が体に良いからと言って摂りすぎは肥満の原因になり、本末転倒です。

 バランスの良い食生活が大切と言うことですね。(適度な運動もお忘れなく!)

編集委員:M.T