或るオーソドックスなアメリカ人からイースターディナーへの招待状が届きました。ディナーの時間が12時からとなっています。「12時って夜中の?」なんてびっくり・・・・。そんな経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

 グアムのような観光地に住んでいると、ホテルの食事の呼称からBreakfastは朝食、Lunchは昼食、Dinnerは夕食というのが通念になっていますが、Dinnerというのは本来は一日の一番主要な食事のことで、アメリカ南部の農村地帯ではDinnerは昼間だそうです。アメリカの一般的な家族の夕食はサパー(Supper)と呼び、お客様をご招待したりするあらたまったフルコースなどの食事がDinnerです。丁度日本人が元日に家族全員が揃い一年の初めの食事を昼にするように、アメリカの家庭でもクリスマス、イースターサンデー、サンクスギビングデーなどの主要な祭日の食事は昼間で、フルコースの「ディナー」です。従ってこのようなディナーにご招待を受けた場合はショーツとサンダル履きなどの軽装で伺うのは大変失礼に当たりますので気をつけましょう。

編集委員:SW