使用済みストローの再利用4点をご紹介します。
1.お菓子袋を閉じる/ ストロー太目2本、ハサミ
-お菓子袋の横幅に合わせ2本のストローをカットします。
-1本のストローの1カ所だけ縦にカットします(切り離さない)。
-お菓子袋の開封口側を縦カットしてないストローに覆いかぶせます。
-縦カットした方のストローでお菓子袋の開封口側を挟みます。

2.カップ麺を閉じる/ 蛇腹ストロー1本、ハサミ
-ストローの蛇腹の部分をキープして切り取ります。
-キープした蛇腹の部分を縦にカットします。
-カップ麺にお湯を注いで蓋をした後に開け口中央をストローで挟みます。

3.コードを束ねる/ ストロー太目1本、カッター
-ストローを適当な長さに切り、上から下に向けて斜めに回しながら切り込みを入れます(手を傷つけないよう気を付けて下さい)。
-ストローを開いて、束ねたいコードを合わせ覆いかぶせます。

4.パーカーの紐を通す/ ストロー1本、ハサミ、ホッチギス
-ストローを適当な大きさに切ります(10センチくらい)。
-ストローにパーカーの紐を通し、上からホッチギスで止めます。
-パーカーにストローに付いた紐を通します。

※今回は、YOU TUBEで確認できるストローの裏ワザの中でも直ぐに実践できそうなアイディア4つをご紹介致しました。ストローの再利用は勿論のこと、いつも捨ててしまっているトイレットペーパーの芯、ティッシュボックスやペットボトル等を再利用したアートクラフトアイディアも沢山確認できますので、お子様の夏の工作にお困りであればチェックしてみてはいかがでしょう?

<編集委員:I.S.>