丹司 均さん(日本航空)   Vol.100

~テニスの王子様(おオジ様!)~

 「今月の顔」栄えある100人目は日本航空にお勤めの丹司 均さんです。
プライベートなお話をお聞きいたしました!

丹司 均さん

ご出身はどちらですか?
東京都です。
前任地や以前お住まいになっていた地域について教えて下さい。
グアム勤務3年目に突入しましたが遡ると成田3年、天王洲7年、羽田10年となります。住まいは金妻の舞台となった(古いですか?)町田市つくし野です。育ったのは東映撮影所がある練馬区大泉学園です。結婚と同時に劇団四季の稽古場や美味しいケーキ屋さんがある横浜市あざみ野に住み現在に至ります。
単身赴任とお聞きしておりますが、グアムでの生活は如何ですか?
前任地の成田から単身赴任生活が始まり、気付くと6年目になります。単身赴任は自分でやらなければならないことが多く大変ですが、休日は極力時間を作りグアム生活を満喫しています。考えると一人気ままにENJOYしている事の方が多いかもしれませんね。グアムに着任し一度だけ風邪をこじらせてしまったことがあり、初めて病院に行ったのですがその時は辛かったですね。大磯先生の優しい笑顔が神様の微笑に見えました。その節は有り難うございました。
ご趣味テニスは凄腕とお聞きしておりますが、学生時代もなさっていたのでしょうか?
丹司 均さん

学生時代は本業である学業に専念せずテニス三昧でした。(親は心配したでしょうね)スポーツは全般的に観戦派ではなく実践派なのですが、その中でもテニスはマッケンロー、ボルグに憧れ、小学校6年生の時に今からは考えられないWoodのテニスラケットを抱えて近所のテニスクラブに毎週通いました。その後中学、高校、大学と学校のテニス部に所属しました。

中学、高校と男子校でしたので、大学では楽しいテニス(?)をする仲間が多かったのですが、多くの先輩からのサークルの勧誘を断り同級生7名、男子だけという男臭い体育会に再び足を踏み入れました。(この原稿を書きながら、本当に当時は燃えていたな・・・と思います)頑張った甲斐があり中学では全国大会優勝(団体戦ですが一応メンバーでした)、高校ではインターハイに行くことができ、大学では関東学生テニス連盟登録という資格を得ることができました。

学生時代は勝負を意識したテニスをしていましたが、現在は日頃の運動不足解消を一番の目的として、今更ですが楽しいテニスをしています。日頃グアムでテニスをされている方是非お誘いください。テニス後のBEERを楽しみにご一緒させてください。

 

空港でのお仕事で印象に残っている出来事とか御座いますか?
2011年3月11日に発生した東日本大震災での成田空港の状況を鮮明に覚えています。滑走路が閉鎖され成田空港到着間際の航空機は着陸する事ができず国内各代替空港に進路変更。僅かのタイミングで着陸できた航空機はお客さまに降機していただく事ができず駐機場で長時間機内にて缶詰状態。搭乗前のお客さまはターミナルから外に出る事ができず寝袋で一夜を明かすこととなりました。我々JAL STFFの中には身内の安否確認ができない者もいたのですが、JAL便のお客さまだけでなく目の前にいらっしゃる全てのお客さまのために全力を尽くしました。その時は皆、自分達の事は何も考えずお客さまの安全確保だけを思い動きました。通常運航に戻るまでは長い月日がかかりましたがこの出来事は職場の結束力強化にも繋がりました。一生忘れられない出来事です。
最後にグアムでのお気に入りのお店等御座いましたら教えて下さい。
朝食にPIKA’S CAFE、昼食にMARIANA’S TRENCH、おやつにSweet Mix、夕食にPROA、締めにTHE BEACH・・・定番すぎますかね???